SOUGOU CIRCUIT LTD. 綜合サーキット株式会社

Work Schedule

Work Schedule 基板製造工程

  1. 1 1
    設計・編集・作画
    画像:工程イメージ1
    基板のデザインルールを決定し、回路をレイアウトします。
    そのレイアウトに基づき、穴・パターン・レジスト・シルク・外形用と各工程に必要なフイルムを作画します。
    これが基板製作の元原稿となります。
  2. 2 2
    材料の切断・孔明
    画像:工程イメージ2
    基板材料(銅箔)をワークサイズに切断後、高精度NCマシーンにセットし、NCデータに基づき正確な孔明けを行います。
  3. 3 3
    銅メッキ
    画像:工程イメージ3
    孔明けによってできたスルホール内壁の樹脂面に銅メッキを施します。メッキ厚は基板の要求仕様により異なります。
  4. 4 4
    露光・現像
    画像:工程イメージ4
    銅メッキ処理後、ドライフィルム(感光膜)を基材に貼付し、パターンフィルムを密着させ露光機にて紫外線照射を行いパターンニンクします。その後、現像ラインに投入されパターンがイメージングされます。露光はチリ、ゴミを嫌うためクラス10,000のクリーンルームで作業をします。
  5. 5 5
    エッチング
    画像:工程イメージ5
    回路パターンをドライフィルムで保護し、保護していない不要な銅箔部をエッチング液により除去します。
    その後ドライフィルムを剥離し、パターンが形成されます。
  6. 6 6
    レジスト・シルク印刷
    画像:工程イメージ6
    形成された回路パターンを、レジスト印刷・塗布にて保護、絶縁、吸湿防止をします。
    遠赤外線乾燥炉にて乾燥した後、シルク文字印刷を行い、シンボルマークや部品位置などを表示します。
  7. 7 7
    外形・Vカット加工
    画像:工程イメージ7
    仕様にあわせて外形を切削します。小口ツトはルーター、量産品は金型にて外形加工をします。
    シート面付けされた基板を部品実装後に分割し易くするため、Vカット加工も行います。
  8. 8 8
    電気・外観検査
    画像:工程イメージ8
    回路パターンのオープン・ショートを検査するため、電気的に導通チェックを行います。 設備はユニバーサルからフラインク迄、仕様に応じて使い分けます。
    電気検査後は目視外観検査を行い、完成となります。